196

たか(taka)です。

本日はWindowsムービーメーカー基本的な使い方
に関する記事となります。

※動画あり

 

 

過去関連記事より

撮影した動画を編集する方法

でWindowsムービーメーカーの使い方を解説しましたが
バージョンがWindowsムービーメーカー6.0です。

 

 

Windows7~はバージョンがWindowsムービーメーカー2012
となっているので、

 

今回はWindowsムービーメーカー2012で
動画編集のやり方を解説します。

動画での解説

 

タイトルを入れたり
キャプション(テキスト挿入)
クレジット(名前や監督名など)
を入れたりもできます。

 

動画にアニメーション効果をつけることもできる。
ディゾルブ、ワイプとか…

 

音楽を挿入することもできます。
但し、フリー音楽サイトからダウンロードした曲(MP3)を使用すること。
アーティストの曲とか勝手に使用すると著作権侵害になるので注意!

 

Webカメラやマイクを用意すれば本格的な動画を
作成することも可能。

アナウンサーになった気分でニュース動画とか
作ってみては?

 

 

動画(AVIまたはMP4)そのものを編集する場合

 

動画がAVIファイルのままでは容量が
大きすぎてYouTubeにアップロードすることができない。

アップロード途中でエラーになってしまう…( ̄▽ ̄;)

 

そこでMP4またはWMVに変換する必要がある。
MP4またはWMVに変換すれば容量が小さくなる。

 

WMVはWindowsMediaファイル
MP4はMPEG-4

の略となる。

 

 

 

テキスト動画を作成する場合

 

Windowsムービーメーカー上で画像挿入、サウンド挿入(フリー音楽)、
テキスト入力して完成させた後、

MP4またはWMVで保存すればいいだけ。

 

保存方法は

画面左上、ホームの左のアイコンをクリック
ムービーの保存にカーソルを持っていきコンピューター用をクリックで
保存ができます。

 

普段、私はこれでやってます。

あと、動画の編集途中でプロジェクトの保存をしておけば
またファイルを呼び出して編集の続きを行えます。

 

 

以上になります。
いつもご愛読誠にありがとうございます。

たか(taka)でした~~(´・ω・`)

 

YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします。
チャンネル登録

 

ご訪問ありがとうございます(・∀・)
メルマガ登録でプレゼント差し上げます!

 

お問合せ等は下のメールフォームからお願いします。
メールはこちら

 

Facebook、Twitterやってます!
仲良くなって下さい(^ω^)
b01_t_150_60_bl.png b02_f_150_60_lb.png